fc2ブログ

通信費無料のパブリックLoRaWAN 〜 The Things Network

オランダ発、世界最大のパブリックLoRaWANサービス The Things Networkのアンバサダーをやらせていただいてます!

Packet BrokerとLoRaWAN Peeringの可能性

Packet BrokerとLoRaWAN Peeringの可能性

 LoRa Allianceから日本語ナレーション付き動画が公開されています。さまざまな形態 (プライベイト、パブリック、ハイブリッド、コミュニティ、低軌道衛星) LoRaWANをスケーリング運用できます。   国内でもようやく群馬県太田市を始めに都市全域を LoRaWAN(The Things Network)でカバーするLPWAN事例が増えてきました。そこで重要になる技術がPacket Brokerです。ご参考までにTTI社CTO Johan Stokkingが投稿記事を...

... 続きを読む

ながらくお待たせしました!旭化成Senseair PSP12930を搭載した新型LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-Lのご紹介

ながらくお待たせしました!旭化成Senseair PSP12930を搭載した新型LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-Lのご紹介

大変ながらくお待たせしました! 旭化成Senseair PSP12930を搭載した新型のLoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lをご紹介させていただきます。ちょうど2年前、旧型COS2センサーが朝のNHKニュースで取り上げられました。和歌山大学秋山先生のご尽力で京都醍醐寺の寺院にある国宝の文化財を守るためにTTNを使い複数の寺院境内に旧型LoRaWAN CO2センサーLAQ4を設置した内容をNHKニュースにまとめてもらいました。感謝!*詳細はこち...

... 続きを読む

令和6年3月6日「デジタル新時代を切り拓く!」ぐんま未来イノベーションLAB会員共催企画

令和6年3月6日「デジタル新時代を切り拓く!」ぐんま未来イノベーションLAB会員共催企画

群馬県主催のLoRaWANセミナー 4部構成です。TTN高崎、TTN太田、TTN桐生と群馬大学との合同勉強会となります。いち早く群馬県太田市内全域をThe Things Networkで網羅。国内初のLPWANによるスマートシティ化を実践されています。お見逃しなく! ぐんま未来イノベーションLABは、株式会社両毛システムズ、The Things Network、太田市、群馬大学と共催で、デジタルデバイス「LoRaWAN」に係るワークショップを開催します。「Lo...

... 続きを読む

LoRaWAN To Modbusゲートウェイ - MS48-LR スマートビルディングやスマートファクトリーに容易に統合・構築!

LoRaWAN To Modbusゲートウェイ - MS48-LR  スマートビルディングやスマートファクトリーに容易に統合・構築!

LoRaWANセンサー類とPLCなどModbus対応産業機器類とを容易に統合・構築できるLoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LRを発売します。MS48-LRは、オープンソースのLoRaWAN to Modbusゲートウェイです。 WiFi、イーサネット、セルラーネットワーク(オプションの4Gモジュール経由)を介して、LoRaワイヤレスネットワークをIPネットワークにブリッジすることができます。 LoRaワイヤレスにより、ユーザーは低データ転送で極めて長距...

... 続きを読む

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2 The Things Stack Cloudから連携されたセンサーデータをTago.IOで表示 Tips & Tricks 2/2 前提条件 ここに記載したTago.IOを使用するための前提条件です。 ・LHT65N、SW-200 LoRaWAN Smart WatchはThe Things Stack Cloudに登録済みで、センサーデータを受信できること。 1. Tago.IOにサインイン Tago.IOにサイン...

... 続きを読む

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 1 / 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 1 / 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 1 / 2個人情報や業務に関する機密情報をを海外のクラウドサーバーに置きたくない人には、最適なプライベイトなLoRaWANネットワークサービス The Things Stack Cloudを日本リージョンのクラスターサービスとしてリリースする準備をしております。 The Things Networkでは搭載されていないNOC (Network Operations Center)機能が、The Things Stack Clo...

... 続きを読む

先週(2023年11月15日~17日)パシフィコ横浜で開催「Edge Tech+2023」参加レポート!

先週(2023年11月15日~17日)パシフィコ横浜で開催「Edge Tech+2023」参加レポート!

先週、パシフィコ横浜で開催された「Edge Tech+ 2023」 - LoRaパビリオンブースにTTN高崎イニシエーターのエルスピーナヴェインズ社と共同で出展いたしました。これで、3年連続の参加です。今回からオートモーティブ関連ブース出展が初参加。Taiwanパビリオンで台湾の様々なメーカーのブースが展示会場中央を陣取ってました。また、生成AIの各種セミナーが開催されたためか?セミナーを目当てに大勢に訪問客の行列が目立ちま...

... 続きを読む

2023年11月15日~17日、パシフィコ横浜で開催「Edge Tech+2023」今年も出展します!

2023年11月15日~17日、パシフィコ横浜で開催「Edge Tech+2023」今年も出展します!

2023年11月15日から17日までパシフィコ横浜で開催されますEdge Tech+ 2023 - LoRaパビリオンブースにTTN高崎イニシエーターのエルスピーナヴェインズ社と共同で出展いたします。ブース番号:A-H07|LoRaパビリオンとなります。会場入口入り、すぐ前のLoRaパビリオンブースの奥右角になります。プライベートもエンタープライズも適用可能なLoRaWANスタック -  The Things Stackオランダ・アムステルダムから発祥したパブリック...

... 続きを読む

TTN vs The Things Stack Cloudとの違い - まずは、The Things Stack Cloud Discoveryで無料体験しませんか?

TTN vs The Things Stack Cloudとの違い -  まずは、The Things Stack Cloud Discoveryで無料体験しませんか?

2018年2月に工学社から上梓させていただいた「The Things Network」から早5年半が過ぎました。3年前にTTN v2からTTN v3にアップグレードしてから、The Things Stackとう名称でLoRaWANプロトコルスタックを大幅に更新し、今日に至ります。世界的にも実証実験の段階からLoRaWANをさまざまな業界でビジネス活用する段階に成長しました。「The Things Network」いわゆる TTNも世界135ヵ国の各都市のイニシエーターを主導のもとにコミ...

... 続きを読む

2023 10/11-12, LoRa Allianceが主催するLoRaWAN Live Tokyo 2023 参加レポート 

2023  10/11-12, LoRa Allianceが主催するLoRaWAN Live Tokyo 2023 参加レポート 

2023 10/11-12 両日 新宿ヒルトンホテルでLoRa Alliance主催のLoRaWAN LiveTokyoに参加しました。今回のカンファレンスは、参加費が U$350(約5万円)もするので LoRaWANでビジネス稼働しているような人しか参加しないと思います。おそらく参加者全体でも150名前後?かな思います。今回は、The Things Networkを運営するオランダThe Things Industries社のKevin Shiffer さんが来日。オランダTTI社デザイナーが制作したファイルを事...

... 続きを読む

来週 2023/10/11-12、5年ぶりに開催されるLoRaWAN Tokyo Live 2日間 TTI社展示コーナーでお待ちしております!

来週 2023/10/11-12、5年ぶりに開催されるLoRaWAN Tokyo Live 2日間 TTI社展示コーナーでお待ちしております!

来週 2023/10/11-12の2日間、5年ぶりに開催されるLoRa Alliance主催の LoRaWAN Tokyo Live にてTTI (The Things Industries) 展示コーナーにおります。皆様、ご来場の際はお声をおかけください。開催2日目のキーノートセッションでは、TTI社のエンジニア Kevin Schiffer が、「IoT スタック:APACにスポットライトを当てる」というタイトルでデモを交えてプレゼンテーション発表します。 APAC地域のユースケースとLoRaWANのスケ...

... 続きを読む

2023年9月21日と22日、アムステルダムで開催 The Things Conference 2023 - 日本からエルスピーナヴェインズ社が参戦!

2023年9月21日と22日、アムステルダムで開催 The Things Conference 2023 - 日本からエルスピーナヴェインズ社が参戦!

一週間前、2023年9月21日と22日の2日間、オランダ・アムステルダムでThe Things Conferenceが開催されました。LoRaWANに関してのカンファレンスですが、ベンダー主体だけでなく、ユーザー目線でハンズオンセミナーも設けられて活発に情報交換がなされます。私は、第一回から四回までカンファレンスに参加しましたが、去年と今年は、残念ながら欠席させてもらいました。The Things Network創業者二人、WienkeさんとJohanさんのOpen...

... 続きを読む

Cold Chain Managementの重要性 - 先週の青森県老舗駅弁屋の食中毒、全国拡大と対策について

Cold Chain Managementの重要性 - 先週の青森県老舗駅弁屋の食中毒、全国拡大と対策について

先週、青森県八戸市の老舗駅弁屋が、製造販売している海鮮駅弁から黄色ブドウ球菌やセレウス菌が発生し、食中毒が全国に広がりました。食中毒の主な原因は、外注したご飯が、なんらかの温度・時間条件で菌が増殖して糸を引いた状態だったようです。  まさにCold Chain Managementの重要性です。ご飯といえども時間と温度条件により上記事故のようにそれぞれの外注先でも時間と温度をコントロールする必要性があるのです。...

... 続きを読む

いま、群馬県が熱い! 💛群馬県太田市のLoRaWANスマートシティ化とTTN高崎・エルスピーナヴェインズ社、The Things Conferenceで登壇

いま、群馬県が熱い! 💛群馬県太田市のLoRaWANスマートシティ化とTTN高崎・エルスピーナヴェインズ社、The Things Conferenceで登壇

いま、群馬県が熱い!💛群馬県太田市のLoRaWANスマートシティ化とTTN高崎・エルスピーナヴェインズ社、The Things Conferenceで登壇先週金曜日8日、上毛新聞のサイトで下記の記事が公開されました!今年春に両毛システムズ様の計らいで群馬大学キャンパスで打ち合わせさせていただきました。ようやく公開の段階になりました。TTN Mapperをお使いの方なら、群馬県がなにやら活発だなと感じられたとおもいます。↓https://ttnmapper.o...

... 続きを読む

海外 💛スマートシティ専門家へのインタビュー LoRa Alliance ® スマートシティ ワーキンググループ 議長 Boris Stöeckermann と対談

海外 💛スマートシティ専門家へのインタビュー  LoRa Alliance ® スマートシティ ワーキンググループ 議長 Boris Stöeckermann と対談

スマートシティー・海外の業界専門家へのインタビュー  LoRa Alliance内のスマートシティ ワーキンググループ議長 Boris Stöeckermannと中国深圳 Seeed Studio社セールスコンサルタントのViolet Su(彼女のWeChatでの投稿を日ごろ楽しみにしているのです)の活動がコメントされていたので、ご参考までに。今年のアムステルダムで開催されるThe Things ConferenceでもViolet Suは講演するようです。下記URLよりご参照...

... 続きを読む

SX1262ベース 多機能 LoRaWAN 温度・湿度センサーの技適が取れました! ”ELmote”シリーズ EM-ELHT01としてまもなく発売

SX1262ベース 多機能 LoRaWAN 温度・湿度センサーの技適が取れました! ”ELmote”シリーズ EM-ELHT01としてまもなく発売

SX1262ベースの拡張センサープローブ付き、多機能LoRaWAN 温度・湿度センサーの技適が、ようやく取れました!  TTN高崎イニシエーターのエルスピーナヴェインズ社からは、”ELmote”シリーズEM-ELHT01としてまもなく発売開始いたします。乞ご期待ください!*エルスピーナヴェインズ社 ”ELmote”シリーズ、EM-ELHT01 として販売開始します!*温度計プローブ、照度計プローブのほかに赤外線PIRプローブも追加されました。先月開...

... 続きを読む

LoRaパワーをアップグレード: FUOTAとリレーを搭載したLoRa Basics™ Modem v4機能をリリース

LoRaパワーをアップグレード: FUOTAとリレーを搭載したLoRa Basics™ Modem v4機能をリリース

LoRa Basics Modem v4の新機能がリリースされました。 FUOTAとリレーが標準サポートされましたのでご紹介します。*オリジナルソースはこちらから..↓https://blog.semtech.com/unleashing-the-power-of-lora-basics-modem-v4-feature-release LoRaパワーをアップグレード: FUOTAとリレーを搭載したLoRa Basics™ Modem v4機能をリリース 31 July 2023 / by Martyn Stroeve LoRa Basics Modem v4機能リリー...

... 続きを読む

2023年7月15日(土曜)「第6回 The Things Network(TTN)勉強会」&「第4回TTNイニシエーター会議」参加レポート

2023年7月15日(土曜)「第6回 The Things Network(TTN)勉強会」&「第4回TTNイニシエーター会議」参加レポート

2023年7月15日(土曜)柏の葉キャンパス駅から徒歩15分、TTN柏イニシエーター今村さんのラボ  KOIL FACTORY PROで「第6回 The Things Network(TTN)勉強会」&「第4回TTNイニシエーター会議」を開催しました。 現地参加者12名、オンライン参加者23名となりました。12:50-13:00【TTN柏イニシエーター】 今村博宣様昨年に続き今村さんの挨拶と司会進行をご担当いただきました。 13:00-13:20セムテック・ジャパン合同会社技...

... 続きを読む

エッジコンピューティング vs. クラウドコンピューティング、その違いは?

エッジコンピューティング vs. クラウドコンピューティング、その違いは?

昨年後半からIoT業界でもEdge Computingの声がちらほら話題になりました。昨年11月、パシフィコ横浜のEmbedded Technology展もEdgeTechと展示会名を変えて開催されました。Embedded Technology展には、私自身も10年前に何度か出展した経験がありました。今回は、The Things Networkコミュニティ版とIoTアプリケーションサーバーとして当社でも取り上げているTagoIO社のブログです。今度のIoT業界も繋がるIoTデバイスが指数関数的に...

... 続きを読む

DDoS攻撃に対応した LoRaWANゲートウェイの遠隔管理方法 - Remote.IT 1/2

DDoS攻撃に対応した LoRaWANゲートウェイの遠隔管理方法 -  Remote.IT    1/2

↓↓↓https://ja.remote.it/resources/remote-it-awarded-ntt-zero-trust-innovation-award今週月曜の夕刊でDDoS攻撃対策に関る記事が取り上げられました。IoTデバイスが急激にネットに接続されると下記のようなDDoS攻撃を組織的に対応することが急務です。「DDoS攻撃に使われるネットワーク「ボットネット」は、攻撃の指令を出すサーバーと、Wi―Fiルーターやウェブカメラなどの「IoT」機器から成る。今年度は、サーバー...

... 続きを読む

【2023/7/15(土)】第4回TTNイニシエーター会議を開催します!

【2023/7/15(土)】第4回TTNイニシエーター会議を開催します!

今年もTTNイニシエーター会議を開催します! 2023年7月15日(土曜日)12時50分からスタート日頃、The Things Networkを利用されている各地イニシエーターやTTN登録ユーザーの皆様との情報共有の場として、TTNイニシエーター会議を開催します。 オンライン/オフライン どちらでもご参加できます。参加費は無料!< 第3部 > オンライン懇親会 ← ここからが本番です(笑)お酒を飲みながら、食事をしながら、おつまみ食べながら情報...

... 続きを読む

ビルトインサーバーLoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 を使うIoTアプリケーション構築方法 – 2/2

ビルトインサーバーLoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 を使うIoTアプリケーション構築方法 – 2/2

  前提条件 ここに記載したNode-Redを使用するための前提条件です。 ・LHT65NはLPS8v2 Built-in TTN Serverに登録済みで、センサーデータを受信できること。  1. LPS8v2のBuilt-in Node-Redを表示 LPS8v2のホスト名またはIPアドレスを指定して表示します。 http://<hostname>:1880 または http://<local-IPV4-address> :1880 例)http://dragino-240064:1880 または http://192.168.1.221:18...

... 続きを読む

ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 を使うIoTアプリケーション構築方法 – 1/2

ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 を使うIoTアプリケーション構築方法 – 1/2

The Things Networkに搭載されていますLoRaWAN Network Server - フルスタックソフトウェア The Things Stackをゲートウェイのメモリー上に搭載したものが、 ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ Dragino LPS8 v2-JPです。このビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ - LPS8 v2-JPを使って IoTアプリケーションを構築する方法を2回に分けて説明します。 1. LPS8v2の設定LPS8v2のホスト名またはIPアドレスを指定して設定画面...

... 続きを読む

LoRaWAN®アプリケーションのためのビジネスケースリポジトリ ー スマートシティ編

LoRaWAN®アプリケーションのためのビジネスケースリポジトリ ー スマートシティ編

複数の市場予測によると、スマートシティーは2023~2030年の間に、CAGR(年平均成長率)25%で成長する見込みだという。“都市”は、IoT(モノのインターネット)ソリューションプロバイダーにとって、非常に魅力的な市場になるだろう。LoRaWANが、スマートシティー市場のニーズを満たす↓https://eetimes.itmedia.co.jp/ee/articles/2304/12/news031.html ガストロノミー(美食文化)、農業、物流、スマートシティ、ビル管理、...

... 続きを読む

DraginoビルトインサーバーLoRaWANゲートウェイ LPS8 v2のフォールバックIP未接続問題を解決 - 最新ファームウェアアップグレード方法

DraginoビルトインサーバーLoRaWANゲートウェイ LPS8 v2のフォールバックIP未接続問題を解決 - 最新ファームウェアアップグレード方法

DraginoビルトインサーバーLoRaWANゲートウェイ LPS8 v2のフォールバックIP未接続問題を解決 - 最新ファームウェアアップグレード方法をご紹介します。フォールバックIP未接続問題は、下記のDragino LoRaWANゲートウェイの機種で確認しております。 ●LPS8 v2-JP下記の手順に従いまして手動でファームウェアをアップデートしてください。    ●ファームウェアを手動でアップデートする方法   1.LPS8...

... 続きを読む

SX1262搭載コンパクトLoRaWANデバイス - LA66モジュール+屋内外アンテナ付 キットをリリースします!

SX1262搭載コンパクトLoRaWANデバイス - LA66モジュール+屋内外アンテナ付 キットをリリースします!

2023年5月、しばらくぶりにArduino UNO R3(16bit ATmega328P)から Arduino UNO R4(32bit ルネサスエレクトロニクス製RA4M1)として新たにリリースされます。◆Arduino UNO R4の特長・32bit Arm Cortex-M4コア Renesas製RA4M1採用・動作クロック48MHzへ引き上げられ大幅な性能向上・SRAMが2KBから32KB、フラッシュメモリが32KBから256KBへアップグレード・USB Type-Cポートサポート、12bit アナログDACやCANバス装備・熱設計の改善...

... 続きを読む

BACnetとLoRaWANを連携してビルをスマート化 - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 活用方法−2/2

BACnetとLoRaWANを連携してビルをスマート化  - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 活用方法−2/2

1. LPS8v2にBACnetをインストールLPS8v2にsshを使用してログインします。User ID:root , Password:dragino 1.1. BACnetダウンロードwgetコマンドでダウンロードします。root@dragino-240064:~#  wget http://dragino.vicp.io:6080/bacnet/dragino-bacnet-apps-hp0c-2023-03-01.deb --2023-04-06 05:36:42--  http://dragino.vicp.io:6080/bacnet/dragino-bacnet-apps-hp0c-2023-03-01.debResolving dragin...

... 続きを読む

The Things Stack Cloud Plus(有料版)がかなりパワフルになりました!

The Things Stack Cloud Plus(有料版)がかなりパワフルになりました!

Network Operations Centerでゲートウェイ、エンドデバイス、アプリケーションの健全性が分析可能に!2023年4月11日 By The Things Industries     Network Operations Center(NOC)は、LoRaWANネットワーク関連、デバイスおよびアプリケーションの履歴データ分析を可能にするThe Things Stackサービスです。 NOCは、個々のイベントストリームを見ながらでは、アクセスしにくい処理・集約された履歴デー...

... 続きを読む

BACnetとLoRaWANを連携してビルをスマート化 - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 活用方法−1/2

BACnetとLoRaWANを連携してビルをスマート化  - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 活用方法−1/2

いま何故、BACnetとLoRaWAN連携なのか?「多くの国の建物は、総エネルギー消費量の20~40%を占めています。そのうち3分の1程度は空調設備で消費されています。これらのシステムを最適化することは、サステナビリティの観点からも非常に重要です」今日、ほとんどのHVACシステムは、変化する状況に対応できないデフォルトまたは手動で制御された設定で動作しています。しかし、有機的にネットワーク化されたビルディングシステムは、...

... 続きを読む

LoRaWAN対応人感センサー&人感プローブ 2機種リリース予定です!

LoRaWAN対応人感センサー&人感プローブ 2機種リリース予定です!

2023年3月中旬頃から都内に仕事で出かけると海外の観光客ツアーに出会すことが多くなりました。海外からの観光客が、日本の花見シーズンを目掛けて桜を見に入国されたのか? ようやく3年が経ってコロナ前の情景が訪れようとしています。 いわゆるインバンド観光がきっかけで日本の経済も回復してくればと期待しております。 そこで、様々なビジネスシーンで使える人感センサーを搭載したLoRaWANエンドデバイスを2機種リリー...

... 続きを読む