fc2ブログ

通信費無料のパブリックLoRaWAN 〜 The Things Network

オランダ発、世界最大のパブリックLoRaWANサービス The Things Networkのアンバサダーをやらせていただいてます!

TOP > The Things Stack

多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - CSVファイル 2 / 2

多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - CSVファイル  2 / 2

多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - CSVファイル  2 / 2 CSVファイルリファレンスThe Things Stackは、CSV(カンマ区切り値)ファイルからのエンドデバイスのインポートをサポートしています。この方法は、エンドデバイスのバッチが、Microsoft Excel、またはCSVファイルにエクスポートできます。その他スプレッドシートやデータベースで管理されている場合に便利です。The Things StackのCSVインポート...

... 続きを読む

多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - JSONファイル 1 / 2

多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - JSONファイル  1 / 2

多数のエンドデバイスを一括登録 Tips & Tricks - JSONファイル  1 / 2The Things Stackは、デバイスを1つずつ追加する代わりに、複数のエンドデバイスを一度に追加する複数の方法をサポートしています。複数のデバイスを追加することは、デバイスのインポートとも呼ばれます。The Things Stackでデバイスをインポートするには、コンソールまたはCLIを使用する2つの方法があります。The Things Stackは、JSONおよびC...

... 続きを読む

シングルサインオンTips & Tricks ~ The Things StackとGoogle OpenID Connect 連携方法

シングルサインオンTips & Tricks ~ The Things StackとGoogle OpenID Connect 連携方法

The Things Stackは、シングルサインオン用のOpenID Connectをサポートしています。このセクションでは、OpenIDプロバイダをThe Things Stackのデプロイメントに接続し、ユーザーが既存の認証情報でサインインできるようにする手順を説明します。 コマンドラインインターフェイスのみ以下の説明では、コマンドラインインターフェイス(CLI)を使用します。↓https://www.thethingsindustries.com/docs/the-things-stack/inte...

... 続きを読む

The Things NetworkからThe Things Industriesへ移行すべき9つの理由

The Things NetworkからThe Things Industriesへ移行すべき9つの理由

The Things NetworkからThe Things Industriesへ移行すべき9つの理由ザ・シングス・ネットワーク グローバルチーム投稿日: 09-06-2023LoRaWAN市場は急速に成長しており、※2026年には62億USドルに達すると予測されています。 IoTプロジェクトがますます成長するにつれ、ネットワーク・コンポーネントのより良い管理が必要とされています。※2026年には62億USドルに予測https://www.researchandmarkets.com/reports/5566627/lora-and...

... 続きを読む

Packet BrokerとLoRaWAN Peeringの可能性

Packet BrokerとLoRaWAN Peeringの可能性

 LoRa Allianceから日本語ナレーション付き動画が公開されています。さまざまな形態 (プライベイト、パブリック、ハイブリッド、コミュニティ、低軌道衛星) LoRaWANをスケーリング運用できます。   国内でもようやく群馬県太田市を始めに都市全域を LoRaWAN(The Things Network)でカバーするLPWAN事例が増えてきました。そこで重要になる技術がPacket Brokerです。ご参考までにTTI社CTO Johan Stokkingが投稿記事を...

... 続きを読む

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2The Things Networkコミュニティ版とThe Things Stack Cloudの設定方法は、ほぼ同じです。通信ログ管理機能(NOC)とSLAのみの差異となります。 The Things Stack Cloudから連携されたセンサーデータをTago.IOで表示 Tips & Tricks 2/2 前提条件 ここに記載したTago.IOを使用するための前提条件です。 ・LHT65N、SW-200 LoRaWAN S...

... 続きを読む

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 1 / 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 1 / 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 1 / 2個人情報や業務に関する機密情報を海外のクラウドサーバーに置きたくない人には、最適なプライベイトなLoRaWANネットワークサービス The Things Stack Cloudを日本リージョンのクラスターサービスとしてリリースする準備をしております。 The Things Networkでは搭載されていないNOC (Network Operations Center)機能が、The Things Stack Cloud...

... 続きを読む

TTN vs The Things Stack Cloudとの違い - まずは、The Things Stack Cloud Discoveryで無料体験しませんか?

TTN vs The Things Stack Cloudとの違い -  まずは、The Things Stack Cloud Discoveryで無料体験しませんか?

2018年2月に工学社から上梓させていただいた「The Things Network」から早5年半が過ぎました。3年前にTTN v2からTTN v3にアップグレードしてから、The Things Stackとう名称でLoRaWANプロトコルスタックを大幅に更新し、今日に至ります。世界的にも実証実験の段階からLoRaWANをさまざまな業界でビジネス活用する段階に成長しました。「The Things Network」いわゆる TTNも世界135ヵ国の各都市のイニシエーターを主導のもとにコミ...

... 続きを読む

ビルトインサーバーLoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 を使うIoTアプリケーション構築方法 – 2/2

ビルトインサーバーLoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 を使うIoTアプリケーション構築方法 – 2/2

  前提条件 ここに記載したNode-Redを使用するための前提条件です。 ・LHT65NはLPS8v2 Built-in TTN Serverに登録済みで、センサーデータを受信できること。  1. LPS8v2のBuilt-in Node-Redを表示 LPS8v2のホスト名またはIPアドレスを指定して表示します。 http://<hostname>:1880 または http://<local-IPV4-address> :1880 例)http://dragino-240064:1880 または http://192.168.1.221:18...

... 続きを読む

ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 を使うIoTアプリケーション構築方法 – 1/2

ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 を使うIoTアプリケーション構築方法 – 1/2

The Things Networkに搭載されていますLoRaWAN Network Server - フルスタックソフトウェア The Things Stackをゲートウェイのメモリー上に搭載したものが、 ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ Dragino LPS8 v2-JPです。このビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ - LPS8 v2-JPを使って IoTアプリケーションを構築する方法を2回に分けて説明します。 1. LPS8v2の設定LPS8v2のホスト名またはIPアドレスを指定して設定画面...

... 続きを読む