fc2ブログ

通信費無料のパブリックLoRaWAN 〜 The Things Network

オランダ発、世界最大のパブリックLoRaWANサービス The Things Networkのアンバサダーをやらせていただいてます!

TOP > LoRaWAN スマートビルディング

LoRaWAN To Modbusゲートウェイ - MS48-LR スマートビルディングやスマートファクトリーに容易に統合・構築!

LoRaWAN To Modbusゲートウェイ - MS48-LR  スマートビルディングやスマートファクトリーに容易に統合・構築!

LoRaWANセンサー類とPLCなどModbus対応産業機器類とを容易に統合・構築できるLoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LRを発売します。MS48-LRは、オープンソースのLoRaWAN to Modbusゲートウェイです。 WiFi、イーサネット、セルラーネットワーク(オプションの4Gモジュール経由)を介して、LoRaワイヤレスネットワークをIPネットワークにブリッジすることができます。 LoRaワイヤレスにより、ユーザーは低データ転送で極めて長距...

... 続きを読む

BACnetとLoRaWANを連携してビルをスマート化 - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 活用方法−2/2

BACnetとLoRaWANを連携してビルをスマート化  - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 活用方法−2/2

1. LPS8v2にBACnetをインストールLPS8v2にsshを使用してログインします。User ID:root , Password:dragino 1.1. BACnetダウンロードwgetコマンドでダウンロードします。root@dragino-240064:~#  wget http://dragino.vicp.io:6080/bacnet/dragino-bacnet-apps-hp0c-2023-03-01.deb --2023-04-06 05:36:42--  http://dragino.vicp.io:6080/bacnet/dragino-bacnet-apps-hp0c-2023-03-01.debResolving dragin...

... 続きを読む

BACnetとLoRaWANを連携してビルをスマート化 - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 活用方法−1/2

BACnetとLoRaWANを連携してビルをスマート化  - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2 活用方法−1/2

いま何故、BACnetとLoRaWAN連携なのか?「多くの国の建物は、総エネルギー消費量の20~40%を占めています。そのうち3分の1程度は空調設備で消費されています。これらのシステムを最適化することは、サステナビリティの観点からも非常に重要です」今日、ほとんどのHVACシステムは、変化する状況に対応できないデフォルトまたは手動で制御された設定で動作しています。しかし、有機的にネットワーク化されたビルディングシステムは、...

... 続きを読む