fc2ブログ

通信費無料のパブリックLoRaWAN 〜 The Things Network

オランダ発、世界最大のパブリックLoRaWANサービス The Things Networkのアンバサダーをやらせていただいてます!

TOP >  The Things Stack >  The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2

The Things Stack Cloud とLPS8N-JPゲートウェイとの連携 Tips & Tricks 2/ 2


The Things Stack Cloudから連携されたセンサーデータをTago.IOで表示 Tips & Tricks 2/2

前提条件

ここに記載したTago.IOを使用するための前提条件です。

LHT65NSW-200 LoRaWAN Smart WatchThe Things Stack Cloudに登録済みで、センサーデータを受信できること。



1. Tago.IOにサインイン

Tago.IOにサインインします。アカウントが無い場合は、作成します。

https://tago.io/


2. デバイスを登録

デバイス登録はLHT65NSW-200 LoRaWAN Smart Watchをそれぞれ登録します。

ここではLHT65NDevice#1、SW-200 LoRaWAN Smart WatchDevice#2として登録しています。

[Devices]を選択後、画面右上の[+Add Device]を選択します。

FIg_12

Fig_12.png



TTNをクリックします。

Fig_13

Fig_13.png


Device name(任意の名前)The Things Stack Cloudに登録したDevice EUIを入力して[Create my Device]をクリックします。

FIg_14

Fig_14.png


[Continue]をクリックします。

Fig_15

Fig_15.png


[Generate authorization]をクリックします。

Fig_16

Fig_16.png


Name(任意の名前)を入力し、[Generate]をクリックします。

Fig_17

Fig_17.png


認証が作成されたら、コピーボタンをクリックしてコピーします。


FIg_18

Fig_18.png


LHT65NDevice#1として登録後、同様にSW-200 LoRaWAN Smart WatchDevice#2として登録します。



3. The Things Stack CloudからTago.IOへの連携

The Things Stack CloudからTago.IOへデータを連携します。

LHT65Nのアプリケーション、SW-200 LoRaWAN Smart Watchのアプリケーションそれぞれ連携が必要です。

The Things Stack CloudのアプリケーションからWebhooksを選択後、画面右上の[+Add webhook]をクリックします。

連携可能なアプリケーションが表示されますので、Tago.IOをクリックします。


Fig_19


Fig_19.png


WebhookID(任意の名前)Authorization(Tago.IOでコピーした認証)を入力後、[Tago.IO webhook作成]をクリックします。



Fig_20

Fig_20.png


4. Tago.IOにて連携確認

Tago.IODevicesからLast Inputを確認します。The Things Stack Cloudからデータが連携された時間が表示されます。

FIg_21

Fig_21.png


LHT65Nのアプリケーションの連携後、同様にSW-200 LoRaWAN Smart Watchのアプリケーションの連携を行います。


5. Tago.IOにてダッシュボード作成

The Things Stack Cloudから連携されたデータを表示するためのダッシュボードを作成します。

+をクリックします。

Fig_22

Fig_22.png



Name(任意の名前)を入力後、[Create my Dashboard]をクリックします。

Fig_23

Fig_23.png


+Add widgetをクリックしてwidgetを追加します。

Fig_24

Fig_24.png


サンプルダッシュボード(LHT65N



Fig_25

FIg_25.png


以下のwidgetを使用しています。

必要なwidget を追加して、タイトル、データの取得元等を編集します。

Fig_26

Fig_26.png


温度の設定例(データはDevice#1から取得)

Fig_27

Fig_27.png


サンプルダッシュボード(SW-200 LoRaWAN Smart Watch



FIg_28

FIg_28.png


以下のwidgetを使用しています。

必要なwidget を追加して、タイトル、データの取得元等を編集します。

Fig_29

Fig_29.png


体温設定例(データはDevice#2から取得)

Fig_30

Fig_30.png



The Things Stack Cloud****から連携されたセンサーデータを Tago.IO****で表示 Tips & Tricks 2/2

前提条件

ここに記載したTago.IOを使用するための前提条件です。

・LHT65N、SW-200 LoRaWAN Smart WatchはThe Things Stack Cloudに登録済みで、センサーデータを受信できること。

1. Tago.IO****にサインイン

Tago.IOにサインインします。アカウントが無い場合は、作成します。

2. デバイスを登録

デバイス登録はLHT65N、SW-200 LoRaWAN Smart Watchをそれぞれ登録します。

ここではLHT65NをDevice#1、SW-200 LoRaWAN Smart WatchをDevice#2として登録しています。

[Devices]を選択後、画面右上の[+Add Device]を選択します。

FIg_12

Fig_12.png

TTNをクリックします。

Fig_13

Fig_13.png

Device name(任意の名前)とThe Things Stack Cloudに登録したDevice EUIを入力して[Create my Device]をクリックします。

FIg_14

Fig_14.png

[Continue]をクリックします。

Fig_15

Fig_15.png

[Generate authorization]をクリックします。

Fig_16

Fig_16.png

Name(任意の名前)を入力し、[Generate]をクリックします。

Fig_17

Fig_17.png

認証が作成されたら、コピーボタンをクリックしてコピーします。

FIg_18

Fig_18.png

LHT65NをDevice#1として登録後、同様にSW-200 LoRaWAN Smart WatchをDevice#2として登録します。

3. The Things Stack Cloud****から Tago.IO****への連携

The Things Stack CloudからTago.IOへデータを連携します。

LHT65Nのアプリケーション、SW-200 LoRaWAN Smart Watchのアプリケーションそれぞれ連携が必要です。

The Things Stack CloudのアプリケーションからWebhooksを選択後、画面右上の[+Add webhook]をクリックします。

連携可能なアプリケーションが表示されますので、Tago.IOをクリックします。

Fig_19

Fig_19.png

WebhookID(任意の名前)とAuthorization(Tago.IOでコピーした認証)を入力後、[Tago.IO webhook作成]をクリックします。

Fig_20

Fig_20.png

4. Tago.IO****にて連携確認

Tago.IOのDevicesからLast Inputを確認します。The Things Stack Cloudからデータが連携された時間が表示されます。

FIg_21

Fig_21.png

LHT65Nのアプリケーションの連携後、同様にSW-200 LoRaWAN Smart Watchのアプリケーションの連携を行います。

5. Tago.IO****にてダッシュボード作成

The Things Stack Cloudから連携されたデータを表示するためのダッシュボードを作成します。

+をクリックします。

Fig_22

Fig_22.png

Name(任意の名前)を入力後、[Create my Dashboard]をクリックします。

Fig_23

Fig_23.png

+Add widgetをクリックしてwidgetを追加します。

Fig_24

Fig_24.png

サンプルダッシュボード( LHT65N**)**

Fig_25

FIg_25.png

以下のwidgetを使用しています。

必要なwidget を追加して、タイトル、データの取得元等を編集します。

Fig_26

Fig_26.png

温度の設定例(データはDevice#1から取得)

Fig_27

Fig_27.png

サンプルダッシュボード( SW-200 LoRaWAN Smart Watch**)**

FIg_28

FIg_28.png

以下のwidgetを使用しています。

必要なwidget を追加して、タイトル、データの取得元等を編集します。

Fig_29

Fig_29.png

体温設定例(データはDevice#2から取得)

Fig_30

Fig_30.png

*TagoIOは、さまざまなIoTユースケース用ダッシュボードテンプレートが利用可能です。

TagoIO_templacte.png

https://tago.io/dashboard-templates





前のブログに戻る

https://joomlaweb.blog.fc2.com/blog-entry-2472.html













◆技適取得済TTN対応ゲートウェイ&センサデバイスを好評販売中!

https://sales.dragino.jp/



*ご興味ある方は、下記入力欄にEmailアドレスをご入力後、左下のSubscribeボタンをクリックして下さい。

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する